ココナッツオイルでダイエット・美肌効果・認知症の改善

ココナッツオイルでダイエット

ココナッツオイルは前のページでお話した通り、中鎖脂肪酸が多く含まれており、ダイエットにとても適しているオイルです。
ココナッツオイルでのダイエット方法をご紹介しましょう。

ココナッツオイルダイエットの方法

ココナッツオイルダイエットのイメージ画像

1.糖質制限をする

糖質制限とは、炭水化物(ごはんやパン、麺類、砂糖の入ったお菓子等)を食べるのを控えることです。
なぜ、糖質制限をしなければならないかと言うと、糖質を制限することにより、体内のブドウ糖が少なくなり、エネルギー源がなくなります。そうすると、ブドウ糖の代わりに、ケトン体が体脂肪を燃焼し、エネルギーを作り出してくれるのです。そのケトン体は一体どうやって摂取すればよいのでしょうか?

2.糖質制限にプラスし、ココナッツオイルを摂取する

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸が肝臓で、ケトン体という成分に変わります。そのケトン体が、糖分の代わりにエネルギーとなり、体脂肪を燃焼してくれます。


TBSテレビ「世界ふしぎ発見」で紹介されていたおすすめの摂取量は、1日に100ccでした。
摂取方法は、自分の好きな食べ方、飲み方で大丈夫です。
私のおすすめは、コーヒーと、ホットミルクです。
ドレッシングも作ってみたのですが、25℃以下になると固まってしまいます。
ですので、冷蔵庫に保存すると固まります(^_^;)
食べる度に毎回作るのは面倒なので、やっぱり手軽にココナッツオイルを摂れるのは飲み物・食べ物に混ぜる方法だと思います。
※ココナッツオイルが合わない体質(アレルギーや、下痢・胃痛を起こす方)もいらっしゃるので、最初は少量から試してみて下さい。

ココナッツオイルで肌をもちもち美肌に

ココナッツオイルの肌への効能のイメージ画像
ココナッツオイルを肌に塗ると一体どの様な効果があるのでしょうか?
私が実際に行っている方法は…

  1. お風呂にココナッツオイルを小さじ1杯弱入れて入る。
  2. 入浴後(化粧水前に)耳かき1杯程度の少量のココナッツオイルを、肌が乾ききらないうちに塗る。(ブースターとして使用)
  3. 入浴後、肌がかわききらないうちに、全身に薄く適量をぬる。
  4. アロママッサージのキャリアオイルとして使用

私が実際に使用している方法は上記の4つです。
お風呂に入れた後、更に入浴後、体にココナッツオイルを塗るとさすがにベッタベタするのでおすすめできません(-_-;)
1のみまたは、2+3をおすすめします。

お風呂にココナッツオイルを入れて入ると、入浴後、ボディーバターを塗った後の様なしっとりもっちり感がでます。
全身にココナッツオイルを塗った状態になるので、とってもおすすめなんですけど、ココナッツオイルが冷えた後に配管が詰まるというウワサも聞いたので使いすぎに注意して下さい。
私はこっそり週1程度ココナッツオイル風呂に入っていますが(^^;)
配管が心配な方は2+3の方が詰まる心配をしなくて良いと思います。

4のキャリアオイルとは、アロママッサージをする為に、精油と混ぜて使用するオイルのことです。キャリアオイル(ココナッツオイル)大さじ1杯につき、精油1滴と混ぜてマッサージしています。

精油はシワ・シミ・たるみなどアンチエイジングで有名ですが、パニックやうつにも効果的でリラックス効果があると言われているフランキンセンス(乳香)を使っています。

マッサージに使うアロマオイル(精油)もオーガニックの物を使いましょう。
私はアロマセラピーをする際、成分分析表の付いたオーガニックの「プラナロム」の精油を使用しています。
老若男女禁忌の少ない使いやすい代表的な精油(アロマオイル)を載せておきますのでご参考まで…

フランキンセンス

上記にご紹介した通り、アンチエイジングで有名なフランキンセンス。他にもイライラや不安感を緩和し、抗うつ作用がありパニックにも効果的です。オリエンタルな香りで集中力もアップする効果も。

ラベンダー・アングスティフォリア
アロマといえばラベンダーと言われる程、代表的な精油です。効能も万能で、リラックス効果、軽いやけど、虫よけ、虫刺され、抗菌作用etc…様々な作用があります。アロマオイルを初めて買う方ラベンダーアングスティフォリアをオススメします。
ユーカリ・ラディアタ
ユーカリの精油4種類ありますが、ラディアタは赤ちゃんにも使える優しい精油です。咳やたん、喉の痛み、喘息、気管支炎、風邪や鼻炎、インフルエンザ等々に効果的で、免疫力の向上効果、抗ウイルス作用もあり、風邪やインフルエンザの流行時にとても重宝する精油です。
ティートゥリー
オーストラリアでは一般家庭に常備されているオイルです。私も留学中にホストマザーに手渡されていました。虫刺されやニキビケアに使用していました。抗菌作用に非常に優れており、感染症の予防や、風邪、インフルエンザ、虫よけ、免疫力の向上、花粉症etc..に効果的です。

【送料無料】【プラナロム】 フランキンセンス 10ml [乳香/オリバナム/オーガニック] 【精油/エッセンシャルオイル/アロマオイル/アロマテラピー/健草医学舎/ケンソー】【RCP】

【送料無料】【プラナロム】 ラベンダー・アングスティフォリア 10ml [真正ラベンダー/トゥルーラベンダー/ラベンダーベラ/ラベンダー/オーガニック] 【精油/エッセンシャルオイル/アロマオイル/アロマテラピー/健草医学舎/ケンソー】【RCP】

【送料無料】【プラナロム】 ユーカリ・ラディアタ 10ml [ユーカリ/ラディアタ/ユーカリプタス/オーガニック] 【精油/エッセンシャルオイル/アロマオイル/アロマテラピー/健草医学舎/ケンソー】【RCP】【ka】

【送料無料】【プラナロム】 ティートゥリー 10ml [ティートリー/ティーツリー/オーガニック] 【精油/エッセンシャルオイル/アロマオイル/アロマテラピー/健草医学舎/ケンソー】

ココナッツオイルの認知症への効果

ココナッツオイル認知症のイメージ画像
ココナッツオイルが認知症にも効果的だと、テレビや本、雑誌等で話題になっています。
なぜ、ココナッツオイルが認知症に効果的だと言われているかと言うと、今まで散々出てきましたが、認知症にも中鎖脂肪酸が有効なのだそうです。

認知症患者は、身体のエネルギー源であるブドウ糖を上手く脳のエネルギーとして利用出来ていないそうです。
それを中鎖脂肪酸を摂取し、肝臓でケトン体を作りだし、そのケトン体がブドウ糖の代わりに脳のエネルギーとなり働くそうです。
この働きはダイエットと似ていますね。

中鎖脂肪酸が有効成分となっているので、中鎖脂肪酸がなるべく多く含まれているオーガニックのエキストラバージンココナッツオイルを選ぶようにして下さい。

認知症に有効的な摂取量ですが、1日に大さじ1杯程度でも効果があるとのこと。
まず、はじめにごく少量を摂取し、身体に異常がないかを確認した後、
1日3回、小さじ1杯ずつ食事の時に摂取すれば胃腸にも負担がなくていいかもしれませんね。